値段が高い楽器と安い楽器はどういった違いがあるの?



ギターであれば1万円から100万円まで様々

ほとんどの楽器は、普及価格帯の安いものとプロが使うような高級品が存在します。たとえばエレキギターであれば、入門用として売られている1万円台のものから、プロが使っている100万円ぐらいするようなものまで、値段の差はかなりあります。では、安物と高級品はどの辺が違うのでしょうか。まず、一番違うのは楽器自体の材質、作りの精度です。エレキギターであればボディの材質、製造工程の違いなどで変わってきます。工場で多くの人間が機械を用いて作ったものと比べれば、一人の職人がほとんど手作業で作ったものの方が、当然、値段が高くなるわけです。では、音の部分はどうでしょうか。これは、値段ほど差があるかどうかという判断は人によって異なるといえるでしょう。音の善し悪しよりも製造の手間暇で価値が変わる楽器の場合、100万円のものよりも、10万円のものの方がいい音だと感じる人が多いというのは十分あり得ます。

安い物の中から選ぶ場合は経験者を連れて行こう

ただ、極端に安い楽器と高級品を比べた場合は、やはり高級品の方が音がいい可能性が高いです。というのは、ギターであれば音の善し悪しを決めるピックアップの性能が変わってきますし、安物はネックが最初から少し反っているといったこともあるからです。初心者が楽器を購入する場合は、高級品には手を出せず、比較的安いものの中から選ぶことがほとんどでしょうから音の違いを聞き分けることは難しいかもしれません。少しでもいいものがほしいというのであれば、経験者を楽器店に連れて行って、その人に試奏してもらって感想を聞くと選びやすくなるでしょう。

サックスは、ベルギーで誕生した木管楽器の一種です。別名サクソフォーンとも呼ばれ、クラシックやロック、ジャズなどのさまざまな分野で用いられる代表的な木管楽器です。