貸切バスを利用する前に知っておきたいポイント



早めに予約を取っておく

貸切バスは学校で生徒や教師が乗車するためだったり、会社の旅行で従業員が移動するためだったりなど、色々な目的で利用されています。バスなので飛行機に比べると移動できる距離は限られていますが、高速道路を走行すれば遠方までの移動は可能ですし、何よりも友達や会社の同僚などとの距離が近いため、変に気を遣わずに過ごせる点が人気の理由です。貸切バスを利用する前に知っておきたいポイントの1つ目は、まず早めに予約を取っておくことです。希望日から近かったとしても運良く車両が空いていれば予約は可能ですが、仮に予約で埋まっている場合は他のバス会社を検討しなければなりません。最終的に予約が難しい状況になってしまうと、せっかくの行事を実行できない可能性があるので早めの予約を心掛けましょう。

急な人数の増減に備える

貸切バスを利用する前に知っておきたいポイントの2つ目は、急な人数の増減に備えることです。貸切バスに乗車する日が迫ってから急に出席したり、欠席したりなど人数が増減する可能性はあります。人数にピッタリと当てはまるバスを予約できるのがベストですが、現実は難しいです。そのため、予約を行う段階から急な人数の増減があることを見越しすことが重要です。すると、貸切バスを予約した時よりも乗車人数が減ったり、増えたりしたとしても問題なく対応できます。しかし、当初よりも人数が減ったということは一回り小さいバスでも十分だった場合があるので、もったいないと感じることはあるでしょう。それでも、リスク管理という点においては仕方ないことなので割り切りも必要です。

貸切バスというと、大人数でないと借りられないと思う方も多いですが、6人ほどの少人数からでも借りられる会社もあります。運転手付きだと、気にせず飲酒ができるので小旅行の利用も好評です。