車検の意味を知っておこう!その依頼先で大丈夫?



車検を通す意味とは何か

車検は家庭用の普通車の場合には二年に一度の頻度で受けなければならないものです。車検を通すとその時点の車の状態で公道を走らせる許可を得ることができます。これは公道を走る上で危険性がない程度の性能を持っている車であるかどうかを判断するための最低基準をクリアしていることを確認するための検査です。そのため、気をつけておかなければならない点が二つあります。まず、最低限のことしか確認していないので快適にドライブできる状態であることを検査しているわけではないということです。そして、あくまで検査を行った時点で基準をクリアしているかどうかを判断しているだけであり、数ヶ月後には基準を満たさななくなってしまう可能性も否定できないという点も問題になります。

ディーラー車検を通す意味

車検は様々なところで受けることができますが、ディーラー車検を受けておく意味を知っておくのは大切です。車検を通せば良いというスタンスで整備を行っている業者が多いのに対して、ディーラーは二年後にある車検の日まで快適にドライブできることを目指した整備を行います。そのため、車検を通すというのはあくまで便宜上のものであってそれ以上の形で整備を行ってもらえるのがディーラー車検です。安心して快適にドライブできる状態にしたいと考えたらディーラー車検が最も適しています。費用が少し高くなるのは確かですが、車の故障は命に関わることなので心配を抱かないで済むようにディーラー車検を受けておくのは賢明です。

自動車の車検というと陸運局というイメージがあるかもしれません。しかし、車検を軽自動車で通すには軽自動車検査協会で受ける必要があります。