日帰りと泊まりがあるバスを使ったスキーツアー



深夜発のツアーが特におすすめ

スキー旅行と言えば、自家用車・鉄道といった手段で行くイメージがありますが、最近では高速道路を使って移動を行うバスツアーの人気が高まっています。バスツアーには、深夜発・早朝発の日帰りがある事に加えて1泊・2泊などの宿泊プランの設定もあり、特に深夜発ツアーは魅力が満載と言えます。代表的な魅力としては、深夜発を活用する事でスキー場のメインオープン時間である8時台から滑る事が可能で、15時前後までの6時間以上にわたって滞在出来る事から、初めての参加であっても終わり頃にはあまり転ばないレベルになっている事もあります。

リフト券込で特典が豊富

スキーツアーの料金の中身は、往復バス運賃・1日リフト券が通常となっており、現地スキー場で割安に借りる事が出来るレンタルスキーセットやウェアの特典も提供されています。レンタルに関しては、500円・1000円といった激安で借りられるケースもあるので、1年に1~2回程度スキーをする方にはレンタルを使うと良いでしょう。それ以外の特典には、帰路途上にある温浴施設やスキー場近くのホテルに立ち寄って入浴が出来るサービスもあるので、翌日に疲れを残したくない場合は有効活用しましょう。スキーバスツアーで行く事が出来る代表的なスキー場は、ファミリー向けのコンパクトタイプからゴンドラやリフト数が多いスキーリゾートや大規模スキー場まで揃っており、初心者の場合はコンパクトタイプ・中級者以上の方は大規模スキー場にしておくと楽しむ事が出来るでしょう。

スキーツアーは、広大なゲレンデ面積・多くのリフト数を誇るスキーリゾートにも行く事が可能であり、ツアー代金にリフト券が含まれているので大変お得です。