真冬、西表島から由布島へ!夢の島のはずが。。。



沖縄って冬が意外と寒い

沖縄は冬でも暖かいと勘違いしていると大変なことになります。石垣島でも西表島でも1月2月は雨も多く、風強い防寒着が必需品です。石垣島から出なければそれほど困らないでしょうが、時折風雨の強い日に石垣から西表に移動しようとすると、船はかなり揺れます。それでも力強く運行を続ける操縦士さんには海の男の強さを感じますが。でも、石垣島の海、しばらく動きたくないくらいにきれいです、透き通って吸い込まれそうです。防寒着忘れないようにして、ぜひ訪れてみてください。

ほっとする!仲間川クルーズ

仲間川は西表島にあるマングローブが生い茂った川です。小さな船でこの川をクルーズします。川なので穏やかです、船の音だけが耳に心地よく響きます。またさすが南国で植物の美しさは目に見はるものがあります。

由布島へ!牛車で渡る

西表へ行ったら、由布島も必ず行くスポットなのですが、冬の寒い日、雨なんか降ってしまうと、西表と由布島の間は風が通り抜けるスポットになっているので、かなり寒いです。牛は慣れたものなのか、ゆっくりと一歩一歩進んでいきますが、速さは牛によってまちまちで、そこがまた風情があるのですけれど。透き通るような海には変わりないのですが、やはり天気の良い時の気持ちよさに勝るものはないでしょう。できれば、お天気が少しでも良い時に渡りた由布島に渡りたいものです。

帰りにちょっと竹富島へ

竹富島は石垣島から船で10分ほどのところにあります。西表からの帰りに寄るには絶好のスポットです。島内は自転車でも回れますし、牛車もあります。レンガの壁が南国を強く意識させてくれます、島全体が南の楽園で、海の美しさは何物にも代えられません。一度訪れたら、もう一度あの場所へと帰りたくなる島です。

西表島のツアーに申し込む予定があるなら、内容をじっくり見比べましょう。西表島は自然が豊かなエリアですから、天然記念物に指定されている植物を見学できるツアーもあります。