与論島を知っていますか?南の島で島時間を楽しもう。



与論島はどこにあるの?アクセスは?

与論島の正式名称は「よろんじま」と言います。奄美群島のひとつですから、鹿児島県になるのですね。でも沖縄本当まで23キロしかないので、沖縄に間違われることも多いようです。人口は5000人ぐらいで、島一周は21キロぐらいの珊瑚が隆起してできた島です。

与論島には空港があるので、鹿児島からも、沖縄からも飛行機でアクセスすることができます。ただ、飛行機は割高ですので、時間があるかたにはフェリーもおすすめかもしれません。金額も半額以下ぐらいになりますよ。沖縄からの所用時間は約4時間になります。鹿児島からだと約20時間の旅です。予算と時間に合わせて自分にあったアクセス方法を探してみてくださいね。

与論島の魅力は海と人!

与論島で泊まるのなら民宿、民泊をおすすめする方が多いです。それも島の人たちの人柄だからかもしれません。暖かい人柄は、まるで実家に帰ってきたようと言う方もいらっしゃるほどです。与論島が第2の実家だなんて、素敵ですよね。食事もボリューム満点で、宿泊費を考えると信じられないとほどで、民宿、民泊リピーターが多いのも頷けます。

もちろん、せっかくだからリゾート気分を満喫したいと思われる方のために、リゾートホテルもありますので、安心してくださいね。プライベートビーチを持つホテルもありますので、海を思う存分満喫できるかと思います。

人との繋がりを感じることのできる民宿、与論島の自然を満喫することができるホテルライフと、その気の気分で、もちろん両方選ぶこともあり!です。

与論島は鹿児島にある島で、沖縄と比べると観光客も少なく穴場スポットです。世論ブルーと称されるほど綺麗な海は沖縄に負けません。与論島の旅行なら、一度世論ブルーに浮かぶ百合ヶ浜を訪れてみて下さい。